千葉に来て、乳がん発覚!闘ってます!!


by Okura616
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界仰天ニュースの乳ガンのドラマ

昨日、録画していた乳ガンで亡くなった方のお話を観ていました。

彼女がずっとしたためていたブログです。

千里&うさ子の乳がんスローライフ


私も乳ガンという病気になり、遠く離れた友達に少しでも近況を伝えようと
途絶えていたこのブログをつかって、メッセージを発信していました。

ステージ0の私でも、こんなに苦しんでいたのに
最後まで見ていて、本当にショックを受け泪が止まりませんでした。

夫は横で見ていて
「なぜそんな危険なガン細胞なのに全摘しなかったんだろう」と言いました。
そう言われて、私自身がそう思っている事に気付きビックリしました。
こんなに温存にこだわっている私が、
彼女の立場にたてず軽々しく全摘を考えていたのです。

それは、私がやっと吹っ切れた課題だから思える事。
たぶん、吹っ切れてなければ同じ様に温存を望んだはず。
その事を一番にわかるはずだったのに、抗がん剤でそんな思いするくらいなら
と他人事のように思ってしまっていました。

女性にとって『乳房』とは、気の迷いと思われたにしても
死んでも無くしたくないものなのです。
それが女性の象徴であることは確かなのです。

ただ・・・。
すごく辛い思いをしてこの世を去っていった彼女の事を思い
私の悩みなど本当にちっぽけなことだと思わされました。
全摘してしまえば、生きていられる。何を悩む事があったのかと・・。

幼い子供たちと海で遊ぶことも、旅行を心から楽しむ事もできず。
吐き気や痛みに耐え、前向きにブログを更新していた姿に
心を打たない人がいるでしょうか。

このドラマを通じて、ご主人の思いも伝わってきました。
本人だけが辛いのではなく、一緒に居るパートナーも辛いのです。

「一緒に悩んでくれてありがとう」と旦那様に伝えると
「ほんま、辛いわ」っとぼそっと言われました。
「ごめんね、辛い思いさせて」と言うと
「しょうがないもんな・・・」と言ってくれました。

生きよう。頑張って乗り切ろう。
そして、数年後には軽く「あんとき辛かったね~」と言えるようになろう。
今なら、転移の可能性も凄く少ない。私はラッキーだったんだから。
その幸運を逃してはいけない!全摘を心から望もう。

最後に・・・・みなさんへ

乳ガンは小さいうちは痛みがありません。
大きくなってからでは遅いのです。
小さくても、浸潤していればとても怖い病気なのです。
けれど、早くみつければ怖くない病気なのです。

どうか、検診を必ずみなさん受けて下さい。
エコーの技術もすごく進んでいます。
40代未満の方にはマンモよりもエコーです。
年に一回でもいいから、きちんと受けてください。

変だと思ったら、乳腺外来できちんとみてもらってください。
婦人科の先生とではやはり違いますから。

この女性の精神も肉体もむしばむ病気から
少しでも多くの女性が逃れられますように・・・。
[PR]
by Okura616 | 2011-10-07 13:30 | 乳がん