千葉に来て、乳がん発覚!闘ってます!!


by Okura616
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

うつ病について

乳ガンになって、前向きに前向きにを合言葉に頑張っている。
気分が落ち込むし、毎日マッサージするのに自分の胸を触るのは辛い。
けど、頑張ってるんだよね、って思ってヨシヨシしてます(^^ゞ

それでも、心が折れる時もあって、しんどくて起き上がるのが嫌な時もあります。
これが続くと鬱になるのかな~と思いながら・・。ふと怖くなる時がある。

うつ病は心の病気だけど、頭の病気として捉えることができるみたいだ。
診察も脳波できちんとわかるようになるらしいから、
躁鬱病がうつ病に間違われる事もなくなるようだ。

色んな治療法で何年も患うことも無くなりそうな未来があるのかな~。

なんでも、DLPFCという「背外側前頭前皮質」とへんとう体がそのカギとなる。


DLPFC。。。 思考や意欲をつかさどる場所。
へんとう体。。。 不安、悲しみ、恐怖をつかさどる場所

うつ状態の脳・・・DLPCFの活動が衰え、へんとうたいが暴走している状態。

治療法    ・・・DLPECに時期刺激を与えて、へんとうたいとのバランスをとる。

           不安や恐怖が薄くなり、活動的になり、うつ病が治る。

この治療を行っている病院・・・ 横浜県立精神医療センター芹香(きんこう)病院


治療法・・・ 脳深部刺激

頭に電極を埋め込み、25野という脳の部分に刺激を与える。
胸に電源を埋め込んであるので、定期検査をするのが怖いし電極って・・・(+o+)

25野・・・ DLPFCとへんとうたいの両方に繋がっている場所。
       つまりハブの役割をしているので、ここを刺激することで両方がきちんと機能しだすらしい。


診察方法・・・ 光トポグラフィ検査。(脳の前頭葉の働きを血流でみることでうつ病の診断をする)

双極性障害(そううつ病)とうつ病の違いをきちんと見分ける事ができる。
誤診されることも多かったけど、これで見逃す事がなくなる。
間違うと薬が違うから、治る事は無く長年苦労している人がいらっしゃるらしい。
早く全国の病院で実用化されるといいのにな。

DSM・・・アメリカで作られた精神疾患の診断マニュアル。
戦争のせいで、うつ病が増えたため、診断にバラツキがないように作られたもの。
これが世界に広まった。
今もこのDSMが使われて、カウンセリングでお医者さんの経験で診断される。


科学的な治療もいいけれど、心の病には違いなく
その人の考え方の傾向を変えないと、またなるかもしれない。

そういう意味でいえば、私は症状の軽い患者の場合に使われている
「言葉の力で治す」という治療が一番いいと思う。

治療法・・・認知行動療法 カウンセラーが積極的に働き掛ける療法。

例) 仕事を失敗したとして、その事で悩んでる人に、その仕事は1%に満たない仕事だったと伝える。
  
不安や悲しみが起こった時に、前向きに出来るように教える。
すると、へんとうたいが不安や悲しみを発動したら、衰えているDLPFCを活動させるようにする。

軽いうちに、考え方の傾向を変えてもらえれば再発はないはず。

今、元気な状態で私自身も考え方の傾向を変えていかなければと思いました。


ずっと悩んで苦しんでるうつ病の患者さんたちが、
元気になる方法が色々でてきて、はやく良くなりますように。と願います。
[PR]
by Okura616 | 2012-02-12 21:27 | 乳がん