千葉に来て、乳がん発覚!闘ってます!!


by Okura616
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

わかりにく~。。。確かに^^;

前回のブログの内容。
乳ガン患者さんが見れば、あ~良かったね~ってなると思いますが・・・

タッチしてない友達にとっては『????』なことばかり・・^^;
確かに、メール貰うまで当たり前のように思ってました。
心配してくれてる友達が、何がよかったのか・・・???にならないように。

『非浸潤』、『浸潤』とは。
非浸潤とは浸み出していない。。ということで。乳腺の部分から出てない、つまり血管から出てないので転移の可能性がないのです。
逆に浸潤は血管を破って浸み出しているので、転移している可能性が高いということ。

『顔付き』とは。
グレードのこと。顔付きが悪いとは。。正常な細胞との形の違いや核細胞分裂の多さを見極める。のかな?
つまり、再発の可能性があるとグレードがあがる=顔付きが悪いになるみたい。

『薬について』
ホルモン剤、もしくは抗がん剤。
ホルモン剤は乳ガンの餌となるエストロゲンを出さないようにする薬。
つまり下手をすると生理が止まり、更年期症状が始まる可能性が高い。
5年間は飲み続けないといけないので、かなり辛い。
抗がん剤は、良く巷で聞くものと一緒。副作用もよく話に聞くもののこと。
けれど、体質に合うものがあれば少しは楽になるんだよって患者の会で教えてもらいました。
合うものが見つかるまで、種類を変えてもらう方がいいだよ!って笑って教えて下さいました。

『転移の可能性として』
乳ガンの転移は基本乳腺になる。
片方だけの場合、健側(つまり乳ガンでは無い方の胸)に転移する可能性が大きい。

センチネル生検という検査を受けているが、これはまず転移するときに通る関所みたいなリンパがあって
そこを調べて転移しているかどうかを調べる。
転移していればその程度によってリンパの摘出する大きさが違うが、リンパを摘出してしまう。

私は、全摘をしているので、転移する乳腺が無い。そしてリンパへの転移もなかった。
浸潤もあったけど顔付きが良い子だったので、転移の可能性は低いと思われる。
血管とリンパの中をクルクルめぐってる可能性はあるけれど、それも低い。
つまり、、、ホルモン療法を勧めるお医者さんはあまりいないと思われるのです。

簡単に書いたつもりだけど、表現の仕方がおおざっぱすぎて間違ってたりするかも。

ま、でもぜ~ったいに再発はありません!!!じゃないので
体質改善と食事療法はしていかないといけない!と思ってます。


ホルモン療法をされている方々の大変さをよくブログで見ています。
放射線治療も本当に大変で、痛みを訴えていらっしゃるブログも見ています。
本当に、心が痛みます。
そんな方々に、私のブログは「良かったね」で片付くものなのでしょうか?
もしかしたら、嫌悪感を抱かれる方もいらっしゃることでしょう・・・。
確かに、両方を摘出したことで、リスクはなくなりました。
片方でもあるのは素晴らしい事です。自分の感覚があるおっぱいがあるって素敵な事なんです。
頑張ってらっしゃる皆様を心から応援している事に変わりはありません。

薬や放射線しなくて良かったねって主人はいいます。
先生も、もう何もしなくてもほぼ大丈夫!あとは再建だねっていいます。
確かにそれは両方とった私にとって本当に良かった事だと思ってます。
生きているからそれだけで、満足!!それも確かです。
でも、、そんなんじゃ語れないものもあるんです。
やった~ばんざ~い!!では決してないことも事実なんです。

けれど、ここはあえて・・・・
これから前を向いていくために!良かった・・・って思う事にしてます(*^。^*)
[PR]
by Okura616 | 2011-12-28 10:26 | 乳がん